くれよん

くれよんトップ

理念

私たちは、子どもたちが自分の住んでいる地域でその子らしく、家族みんなで楽しく生活するために、手助けしていきます。そのために、保育士・幼稚園教諭・小学校教諭・作業療法士・看護師・その他それぞれの専門スタッフが子どもの持っている力を大切にし、きめの細かいサービスと、地域との連携を丁寧に行っていきます。

 

 

事業内容

 

〇 児童発達支援事業

おれんじ:お母さん・お父さんとの触れ合いと感覚遊びを中心に、言葉のベースとなるやりとりの力や相手との安心した関係を積み重ねていきます。

もも:お母さん・お父さんが見ている中で、ちょっとしたルール遊びや、見立て遊び・友達とのやりとり(貸し借りなど)を経験していきます。

みどり:感覚ー運動遊びを中心に活動をしていきます。言葉でのやり取りのほか、お友だちとの楽しい場面の共有を通して、それぞれの課題に向き合い、達成感・自己効力感を感じていきます。

きいろ:年少さん程度の課題活動を通して、相手とのやりとりや、運動経験を積み重ねていきます。簡単なルール遊び等を楽しみ、お友だちとの一体感を感じていきます。

あか:年中さん程度の課題活動を通して、ルールを守ることやお友達と協力する力を育てていきます。

あお:小学校への準備として、お友達とのやりとりの調整をしながら、困り感を伝えたり、先生の話を聞き取ったりして、実行する力を育てていきます。

 

 

 

〇 放課後等デイサービス

Aコース:毎週土曜日 13:45~16:30

小学1年生から4年生を対象としています。お友達との自由な交流を通して、相手との距離の取り方や、自分の行動の見直しをすることを目的に行っていきます。

 

Bコース:第1・3週土曜日 9:00~11:00

小学4年生から6年生を対象としています。自分のことを客観的に見つめ直す場面やお友達との相違に気付くことを目的に行っていきます。

 

 

実施曜日:月~土曜日 対象:保育所・幼稚園・認定こども  園・小学校・特別支援学校、その他児童が集団生活を営む施設に通い、当該施設を訪問し、専門的な支援が必要と認められた児童。 目的:集団の中での困り感を先生方と話し合い、支援の方向性を決定したり、お子さんの成長を確認していきます。

 

 

〇 保育所等訪問支援事業

実施曜日:月~土曜日

 

対象:保育所・幼稚園・認定こども園・小学校・特別支援学校、その他児童が集団生活を営む施設に通い、当該施設を訪問し、専門的な支援が必要と認められた児童。

 

目的:集団の中での困り感を先生方と話し合い、支援の方向性を決定したり、お子さんの成長を確認していきます。

 

 

 

施設紹介

kureyon3

発達年齢に応じた遊びや、声掛け、友達とのやりとりを丁寧に汲み取りながら、その子らしい成長をスタッフみんなでサポートしていきます。

小さい子は、感覚遊びや運動遊び、リズム遊びなど楽しい活動の中で、お友達に興味を持ったり、関わったり、自分の思いを相手に伝えたりしていきましょう。

もうすぐ就学の子は、ルールのある課題などを通して、譲り合いや協力、自分の困っていることを相手に伝える等、自分から発信していきましょう。

小学生以上のお兄ちゃん・お姉ちゃんは、相手を思いやることや自分への気づきを大切にして、これからの成長のきっかけ作りにしていきましょう。

 

 

お問い合わせ先

〒893-0023
鹿児島県鹿屋市笠之原町5-58-2
TEL:(0994)45-5788
FAX:(0994)45-5788
E-mail:kodomo-kureyon@fukuda-hos.org