ナースエナジャイジングセミナー(禁煙外来)のレポート


~禁煙外来~

 

平成29年6月24日~25日の2日間に渡り東京で開催されたナースエナジャイジングセミナーに参加してきました。

テーマは禁煙勧奨声掛けスキルアップについて!!

 

講演は禁煙支援の基礎的知識

~喫煙者の心理と心に響く言葉かけを知ろう

禁煙支援のカウンセリングテクニック

~行動科学に沿ったカウンセリングを学ぼうでした。

 

当院での禁煙治療は飲み薬になります。12週間にわたり計5回の診察を受けるスケジュールとなっています。

飲み薬に対しての知識はもちろん重要ですが、私たち看護師は何より禁煙に伴う精神的不安の軽減(心理)に重点をおいて禁煙支援を行っています。そのため今回のテーマはとても興味深いものでした。

全国から禁煙治療に携わる看護師約60名が集まり谷口千枝先生の講演を聞き、カウンセリングテクニックについて学びました。

ワークショップ;事例検討では、多くの意見が飛び交い、患者さんの禁煙ステージに応じた言葉かけを行っていくことが大事であることを、皆で共感しながら学ぶことがでました。

 

禁煙外来を行っている病院は少なく、意見交換の場もなかなかないので、今回の意見交換の場は、とても貴重な時間となりました。

禁煙したいな~禁煙したほうがいいよな~と思っている方は多いように感じますが、禁煙外来を受診する方はまだまだ少ないのが現状です。

まずは相談してみようかな?受診してみようかな?と思ってもらえる様に、今回学んだことを活かし禁煙支援に取り組んでいきたいと思います。

喫煙はニコチン依存症という慢性疾患の病気です。依存症ですからご自分の意志だけでなんとかなるものではありません。1回の禁煙治療で必ずしも成功するものでもありません。失敗を繰り返してこそ次の成功につながります。

 

七転び八起きの精神であせらず、気負わず、とりあえずやってみるという気楽な気持ちでチャレンジしてみてはいかがでしょうか

私たちがお手伝いしますので一緒に禁煙を目指していきましょう。

 

外来 禁煙認定指導看護師 妹尾