在宅医療・地域包括ケアの研修会のレポート

5月16日(土)鹿児島県栄養士会が主催する、在宅医療・地域包括ケアの研修会が鹿児島女子短期大学で行われ、参加させて頂きました。

 

2015_5_1今回は鹿児島県栄養士会でも初めての調理実習という実技での研修会で、在宅医療・地域包括ケアに携わる、各郡、市の世話人を中心に50名が参加しました。

在宅患者様の、ある1日のお食事メニューが、あらかじめ2000kcalと設定されていて、それを糖尿病や腎臓病食に展開し、発注から調理、そして、在宅の患者様や調理されるヘルパーさんに教えるとしたらどのようなところが難しいか・・・を学ぶ、実践的な研修会でした。
 
  
 
 

2015_5_2私はちょうど糖尿病に展開し、調理するグループでしたので、自分の現在行っている業務の再確認ができました。

これから2~3年の間には、在宅医療に管理栄養士がヘルパーさんや他職種と連携、介入していく流れを、私達世話人が作っていくため、鹿屋市の他の病院管理栄養士さんやヘルパーさん、また在宅で現在活躍されている栄養士さんがたにも、課題は山積みですが、このような研修会を私達が中心になって開催していくことも今後必要であるかと思われました。

今回の研修会は、決められた時間で献立作成(展開)、発注、調理、そして試食まで行わなければならず、ハードなスケジュールの中でみなさん大変でしたが、手際よく行っていくために何が必要かを勉強させていただきました。
2015_5_3
今回の研修会は平均年齢が52歳とのことでしたが、大ベテランの先輩方に色々と教えて頂き、情報交換もできて充実した研修会となりました。
今回の研修会をまた今後の業務に活かしていきたいと思います。

 

平成27年5月18日(月) 栄養部 津代

 
  
 
 

<Bグループ(DM1600kcal(糖質60%)>のお食事例

2015_5_6<朝 食>

ご飯
味噌汁(1/2量)
温サラダ(三杯酢)
バナナ1本

 

 

 

2015_5_4<昼 食>

おにぎり
野菜ラーメン
サラダ

 

 

 

2015_5_5<夕食>

ご飯
鮭のソテー
付)フレンチサラダ
酢の物
味噌汁(1/2の量)