コメディカルのための糖尿病セミナーご報告(栄養部)

2月7日土曜日、鹿児島市宝山ホールにてコメディカルのための糖尿病セミナーに参加させて頂きました。 
 
今回のテーマは「Ⅰ型糖尿病の最新治療 カーボカウントからインスリンポンプまで」と「カーボカウントはじめの一歩」と題して、福岡県にある岡田内科クリニックの院長先生と管理栄養士さんのお話があり、会場には看護師さんや管理栄養士さんが約60名近く参加されていました。
 
院長先生は特にⅠ型糖尿病の患者さんが糖尿病を抱えて生きていける強さを養ってあげるような心理的支援を行うことの大切さをお話されていらっしゃいました。
またカーボカウントを使用するにはある程度の知能と意欲が必要なのでⅠ型糖尿病全員には適用しにくい面があること、また米国ではインスリンポンプ治療がよく行われているが、日本で少なく、鹿児島県は鹿児島市内の3つの病院のみであるため、ポンプ治療している医療機関が増えてほしいと話されていました。
 
管理栄養士さんのお話では症例を用いての演習が行われました。当院でも今年1月からカーボカウントについて、患者様向けの栄養指導の資料作成に新たに追加を行ってきましたが、基礎編についてはほぼ研修内容でお話があったことを作成できていたので、この内容で実施していこうと確認ができてよかったと思いました。
応用編については、今回の研修で学んだ内容をもとに、また栄養指導にいかしていきたいと思います。 
 

 
糖尿病性腎症や透析、Ⅰ型糖尿病などについて最近当院でも外来患者様も増えてきているため、とても勉強になりました。大隅半島でも患者様に最新の情報や栄養指導にお伝えしていけるよう、今後にいかしていきたいと思います。 

 
 

平成27年2月16日(月) 栄養部 津代