第5回糖尿病教室開催の報告

第5回糖尿病教室開催の報告

 

令和元年6月26日(14時~15時30分)に開催し、8名の方が参加されました。

 

【プログラム】

①低血糖について(症状や対応)

②ラジオ体操、座って出来る運動

③お話しましょう

 

今回は低血糖について、当院看護師が低血糖とは?症状や対処方法について漫画で分かりやすく説明をさせていただきました。

参加された方々は実際に低血糖を経験された方はいませんでしたが、今後も糖尿病とともに生活する上ではとても大事な事だと改めて思いました。

 

 

運動は梅雨時、室内で簡単に行えるストレッチ、レジスタンス運動を当院の理学療法士が指導しました。

ゆっくりとした運動ですが、気持ちのいい筋肉の伸びを感じることができました。

 

また、毎回「お話ししましょう」のコーナーでは療養生活の中での悩み等を自由に話し合いました。

 

特に食生活に関しては不安を抱えながら生活されている方も多く、どのような献立にしたら良いか毎回悩んでいるという方もいらっしゃいました。
そこで、療養生活が長い方より「私はこんなふうにしています」「外食の際にはこういうところに気を付けています」などご自身の経験等からアドバイスしていただき、そこに療養指導士も食事方法や食品の提案等をさせていただきました。

最初は不安そうにされていた方も会が終わる頃には考え方が変わり楽になったと仰っていただきました。

 

このコーナーは毎回盛り上がり、療養生活を送られている方々の情報交換やコミュニケーションの場となっています。日常で不安を抱えている方も気軽にお話ができると思いますので糖尿病に興味のある方はぜひスタッフまでお知らせください。

 

次回は10月か11月頃を予定しております。内容につきましては決まり次第病院掲示板に掲載いたしますのでどうぞお気軽にお越しください。

 

福田病院 リハビリテーション部